【インテリア】一人暮らしにストレスのない家具の配置とは!?

SnapCrab_NoName_2014-12-12_9-29-24_No-00

一人暮らしをする際には、家具やインテリアの配置にも気を使いたいものです。

適当に家具を配置したのでは、一人暮らしでの生活がしにくくなってしまったり、あまり魅力的な部屋にはならずに、毎日の生活も味気ないものになってしまいます。

なるべくなら、快適でありがながらもセンスのある部屋にしたいものなのですが、一人暮らしの場合は、多くがワンルームということが多く見られます。

一人暮らし部屋は、狭くて6畳、広くて10畳になるかと思いますが、この位の広さのワンルームの場合は、こういう部屋にしたいという理想があっても、好きなように家具やインテリアを配置したりすることができないという現実があります。

SnapCrab_NoName_2014-12-12_14-16-27_No-00

より効率よく家具やインテリアを配置していく必要があるのですが、綺麗に家具やインテリアを配置していくのは、ベッドから考えて行くのが一般的です。

べッドは、一人暮らしであればシングルサイズのもので十分であるのですが、多くは、窓のそばに置きます。

置き方としては、縦置き横置きに分かれるのですが、これは部屋の形状他の家具との関係を考えて決めていきたいものです。

そして、ベッドを置いた後には、寝る場所暮らす場所を分けるかどうかを決めていきます。

SnapCrab_NoName_2014-12-12_14-12-19_No-00

食事するスペースと寝るスペースを分けるということになるのですが、中には、どちらも同じ空間で行う人もいるので、そうした人は、べッドを中心にして家具を配置していくことになります。

SnapCrab_NoName_2014-12-12_14-10-20_No-00

また、他にはL字型凹型といった形のものが、よく見られる家具の配置ですが、これは一人暮らしの生活スタイルに合わせて、選んでいきたいものです。

このように暮らし方によって家具の配置やインテリアが大きく変わってくるのですが、加えて、家具の配置で気を付けなければいけないこともあります。

SnapCrab_NoName_2014-12-12_14-20-36_No-00

それは、家具が扉の開閉を妨げたり、部屋の行き来をしずらいようになってしまってスムーズな動線を作れなくなってしまうことで、こうしたことが起きてしまう家具やインテリアの配置だと、毎日の暮らしの中で、大きなストレスを感じてしまって快適な一人暮らし生活をすることが難しくなってしまうので、要注意です。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ