一人暮らしの部屋をインテリアの色遣いでガラリと変えよう!

SnapCrab_NoName_2014-12-15_15-19-20_No-00

大学に進学したり、社会人になったりすると、実家を離れて一人暮らしをするということが多くあります。

親元を離れて自由に生活できるということで、初めて一人暮らしをする際には、心躍るものですが、インテリアなどにもこだわって、狭い空間なりに自分だけの部屋を作りたいものです。

一人暮らしをする際には、ほとんどの場合が6畳くらいの1Kの部屋を選ぶかと思います。

人によっては、6畳ではなくて、8畳という人もいるかと思いますが、6~10畳が一人暮らしに適した広さといえます。

少し狭いかもしれませんが6畳の部屋で自分なりにインテリアを選んで自分だけの空間を作っていくということになるのですが、どのような部屋にするのかということで、インテリア選びも大きく変わってきます。

■イメージを形にしよう!

SnapCrab_NoName_2014-12-15_15-9-0_No-00

一口に、一人暮らしの部屋といっても、部屋のスタイルには、様々なものがあります。

普通に生活するだけなので、デスクや棚、家電をおいただけのシンプルなスタイルから、インテリアはブラウン色を中心にして揃えて、モダンでレトロな大人なスタイル、赤色などの原色を配したインテリアを中心にしたスタイリッシュなスタイルなど、インテリアをどのように選んでいくのかということで、狭い限られた空間でも部屋の雰囲気を大きく変えることができて、自分だけの部屋を作り上げることができます。

このように部屋を作り上げる際には、インテリアの色が部屋の雰囲気づくりに大きく影響してきます。

ブラック、ブラウンはモダン系ですし、レッド、イエローはスタイリッシュ系、パープル、ピンクはポップ系になります。

■モダン系

SnapCrab_NoName_2014-12-15_15-13-13_No-00

■スタイリッシュ系

SnapCrab_NoName_2014-12-15_15-9-24_No-00

■ポップ系

SnapCrab_NoName_2014-12-15_15-14-8_No-00

なので、同じようなソファー、棚、デスク、ベッドであってもどのような色を選んでいくのかということで、まったく異なる雰囲気を作り上げることができます。

特に女性の場合は、カラフルなインテリアや、ポップなインテリアでかわいらしい感じの部屋を好む人も多いので、インテリアを選ぶ際には、是非、色使いについてよく考えていきたいものです。

■カーテンや壁紙にもこだわる!(^^♪

SnapCrab_NoName_2014-12-15_15-9-53_No-00

SnapCrab_NoName_2014-12-15_15-16-12_No-00

さらにこだわる人は、カーテン壁紙などについてもインテリアと色を合わせていくと、より総合的に一人暮らしの部屋を演出することができます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ