【オススメ】6畳部屋を快適に過ごす一人暮らしのインテリア配置術!

SnapCrab_NoName_2014-12-12_9-5-30_No-00

一人暮らしをする際には、6畳の部屋に住むという人が多くなっています。

もう少し広くて8畳ということが多いのですが、一人暮らしの場合は、6畳8畳というのが最適といえます。

あまり広すぎても、かえって掃除が面倒になってしまったり、使わないスペースが出てきてしまうので、一人暮らしには6畳、8畳のワンルームがちょうどいい広さといえます。

■6畳や8畳の広さが一人暮らしには最適!!

SnapCrab_NoName_2014-12-12_9-20-19_No-00

ただ、6畳の部屋でインテリア配置して生活をするとなると、少し狭く感じてしまうこともあります。

キッチンは別になっているといっても、本棚やテーブル、ベッドなどを置くと、それだけで部屋はかなり狭くなってしまいます。

なので、インテリアの配置については、よく考えて行きたいものなのですが、より部屋広く感じることができるようなインテリア配置というものがあります。

■インテリアの配置が重要(^_-)-☆

SnapCrab_NoName_2014-12-12_9-21-1_No-00

まず、6畳の一人暮らし部屋では、インテリアは大きさによって置く場所を決めていきます。

例えば、大きなインテリアは手前に置いて、背が低いインテリアは部屋のに置きます。

こうすることで、部屋に奥行きが出てくるので、何も考えずにインテリアを置くよりは、部屋が広く感じ、生活しやすくなります。

■配置の工夫で感じ方が大きく違ってくるよ!

SnapCrab_NoName_2014-12-12_9-16-47_No-00

ちょっとした工夫ですが、こういう風にインテリアのサイズによって置く場所などを考えて行くと、より生活しやすい空間をつくることができます。

また、インテリアを選ぶ際にも、インテリアの形状などをしっかりと選ぶことで、暮らしやすい部屋をつくることができます。

ソファとベッドを置く際には、ベッドはロータイプのものを選ぶと、部屋に余裕が出て奥行きが感じられます。

■高さの低いインテリアで空間に余裕をもたせよう!!

SnapCrab_NoName_2014-12-12_9-21-41_No-00

さらに、インテリア全体を低めのものを選ぶことで、部屋が広く感じます。

大きなインテリアばかりをおいてしまうと、どうしても圧迫感があって、生活しずらいものになってしまうのですが、そういうことを防ぐ為にも、一人暮らしの6畳ワンルームの場合は、低めのインテリアを中心に選んでいくといいようです。

また、インテリアによっては、部屋を効率よく使うことを考えて作られているものもあります。

■ロフトベッドおすすめ!!(^^)!

SnapCrab_NoName_2014-12-12_9-23-52_No-00

ロフトベットなどがそれに当たりますが、ロフトベッドを使って、空いた空間にソファを置くなどすると、より一人暮らしの部屋を効率よく使うことができます。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ