【6畳】インテリアの配置でワンルームを安らぎの空間に!

SnapCrab_NoName_2014-12-12_14-9-1_No-00

アパートマンションで一人暮らしをする際には、6畳~8畳のワンルームを選ぶことが多くみられます。

都心などでは、住宅スペースがそれほど取れないということもあって、手ごろな家賃アパートマンションが考えられます。

SnapCrab_NoName_2015-1-16_10-35-10_No-00

どうしても6畳~8畳ほどのワンルームになってしまうのですが、一人暮らしの場合は、それほど不便を感じることもなく暮らすことができます。

6畳ほどのワンルームの場合は、どうしても部屋のスペースが限られてきてしまうので、上手くインテリア配置していくことが重要になります。 生活に必要なものだけを選んでいっても、部屋がせまくなってしまって、ゆっくりくつろぐことができない部屋だと、非常に生活しにくいものになってしまいます。

なので、そういうことのないようにインテリア配置もしっかりと考えていかなければならないのですが、例えば、ベット一つをとってみても、どのように置くのかということで部屋の使い方も変わってきます。

SnapCrab_NoName_2015-1-16_10-48-55_No-00

ベッドを縦置きする場合には、部屋で動く際に多くのスペースを取れるので、動線もしっかりと確保することができます。

■縦置きベッド

SnapCrab_NoName_2015-1-16_10-41-15_No-00

また、ベッドを横置きにする場合には、部屋の手間に広い空間を作ることができます。

■横置きベッド

SnapCrab_NoName_2015-1-16_10-39-14_No-00

ここにテーブルなどを置くことができるのですが、少し大きめの家具がある場合には、最適です。

部屋の形状や他のインテリアとの関係を考えてベッドの置き方を選んでいくことができるのですが、ベッド生活の中心にする場合は、部屋の真ん中に置くこともできます。

■いろんな配置で自分流に!!(^^)!

SnapCrab_NoName_2015-1-16_10-47-6_No-00

こうすることによって、ホテルの部屋のようなつくりにすることができるのですが、寝る際に広いスペースを確保して、ゆっくり寝たいという人は、部屋の真ん中にベッドを置くのもいいようです。

SnapCrab_NoName_2015-1-16_10-44-36_No-00

ベッド一つをとってみても、このように置き方によって、生活スタイルや、部屋のコーディネートを大きく変えることができます。

SnapCrab_NoName_2015-1-16_10-46-21_No-00

ワンルームということで、スペース的には、どうしても制限があるのですが、うまくインテリアを配置することで、独自な部屋を作り上げることができるので、自分に合った形で部屋づくりをしていきたいものです。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ