一人暮らしの空間を有効に使えるインテリアの配置術とは!? 

SnapCrab_NoName_2015-2-8_13-12-18_No-00

一人暮らしって、どうしても1Kワンルームの限られた配置スペースになってしまいますよね。

そんな制限の中、テレビボードを小さくしないといけなかったり、置きたかったソファやインテリアをあきらめたり・・・

でも、「置けるものなら置きたいっ!」という人もいると思います。

なので、1Kやワンルームで一人暮らししている人や、これから一人暮らしをしようと考えている人の為にレイアウトのポイントや配置のコツをまとめました。

視覚的に、そして立体的にイメージし、家具やインテリア選びをしていきましょう。

まず、一人暮らしのお部屋が決まってチェックするところはサイズ感!

ワンルームにソファとベッドのくつろぎのインテリア空間を両方取り入れた時に「大丈夫か」などのシミュレーションをしましょう。

空間使いを考えた時は、「」がおすすめです!

視覚的に、縦長になるように配置することで広く、奥行きが感じられすっきりして見えるのです。

また、ローテーブルローソファと、低めに目線が来るよう設定することで高さの空間も広く感じます。

SnapCrab_NoName_2015-2-8_13-5-25_No-00

アレンジ法としてクッションやフロアマットを変えるだけで、スタイリッシュに部屋を演出することもできます。

SnapCrab_NoName_2015-2-8_13-19-41_No-00

SnapCrab_NoName_2015-2-8_13-20-7_No-00

インテリアや家具の配置のポイントとして、ベッドなら壁に沿って配置するのが基本です。

SnapCrab_NoName_2015-2-8_13-30-43_No-00

そうすることで、他のファブリックを置く余裕が生まれるのです。

ソファなら、床座とソファの上が併用できる低めのローソファを配置し、圧迫感を取り除きます。

SnapCrab_NoName_2015-2-8_13-5-49_No-00

これでベッドとの高さのまとまりも出ますし、広いインテリア空間づくりが可能です。

あわせて、テレビボードもロータイプを選びましょう。

SnapCrab_NoName_2015-2-8_13-7-19_No-00

横に長いボードでも、低めであればボリュームがおさえられます。

その他、小物をまとめるキャビネットなども、デッドスペースを有効に使い上手にインテリアをまとめることが可能です。

1Kやワンルームの部屋を視覚的・立体的に考えることで、限られた空間を有効に使えるのです。

ちょっとしたインテリアの配置の工夫で、一人暮らしの部屋が快適空間になりますよ!

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ